Last Edit 11/12/04

2011年 後半


 

2011.12.25  有馬記念

<予想>
本命:ブエナビスタ   対抗:オルフェーブル   押え:ヴィクトワールピサ、トーセンジョーダン

<購入馬券>
ブエナビスタ−オルフェーブル 馬連 5,000円、ブエナビスタ−ヴィクトワールピサ 馬連 2,000円、ブエナビスタ−トーセンジョーダン、オルフェーブル−ヴィクトワールピサ、−トーセンジョーダン 馬連 1,000円

<所感>
今年最後の大レース。例年通りいつもより少し多めの資金投入で、夢を買います。
1番人気となったのは、今年のクラシック3冠馬オルフェーブル。僅差での2番人気は、言わずもがなの女帝ブエナビスタ、このレースが引退レースとなります。この2頭が他を引き離して、突出した人気となっています。さて、本命をどちらにするか。勢いは間違いなくオルフェーブルのほうが上で、ジャパンカップ激走の疲れも心配なブエナビスタですが、引退前に牝馬史上最多となるG1レース7勝の称号を取らせてあげたいという思いから、ここは迷いなく、ブエナビスタとしました。そうなれば、あとは相手選び。まずオルフェーブルは当然として、日本馬では初めてドバイワールドカップに優勝したヴィクトワールピサ、天皇賞でブエナビスタを下しているトーセンジョーダンの3頭としました。
さて、結果はというと、残念ながらブエナビスタは7着に惨敗。馬券は総スカンとなりましたが、今年の夢をブエナビスタに投資したので、後悔していません。今年は年間通算回収率が150%を超えるという、記録に残っている過去最高の成績となりました。
これで2011年のG1レースは全て終了です。来年も引き続き、通算回収率100%超えを狙っていきたいと思います。今年もここまでお付合い頂きまして、ありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。次は2月のフェブラリーステークスでお会いしましょう。

1着 オルフェーブル 2着 エイシンフラッシュ 3着 トゥザグローリー
投資金額 10,000円         通算投資金額 90,000円
回収金額 0円   回収率 0%   通算回収金額 138,400円   通算回収率 153.8%

 

2011.12.18  朝日杯フューチュリティステークス

<予想>
本命:アルフレード   対抗:クラレント   押え:ダローネガ、ローレルブレット

<購入馬券>
アルフレード−クラレント、−ダローネガ、−ローレルブレット、クラレント−ダローネガ 馬連 1,000円

<所感>
今週の2歳戦も出走馬をほとんど何も知りません。頼りになるのはオッズと戦績のみ。まずは人気上位3頭と、あと1頭はフィーリングで6番人気のローレルブレッドとしました。
結果は、1番人気のアルフレードが見事に圧巻勝ちを収めましたが、2着には4番人気のマイネルロブストが入り、馬券は外しました。素直に人気上位4頭としておけば取れたのに。まあ、こんなこともあるので仕方ありません。これで残すレースは有馬記念のみとなりました。

1着 アルフレード 2着 マイネルロブスト 3着 レオアクティブ
投資金額 4,000円         通算投資金額 80,000円
回収金額 0円   回収率 0%   通算回収金額 138,400円   通算回収率 173.0%

 

2011.12.11  阪神ジュベナイルフィリーズ

<予想>
本命:ジョワドヴィーヴル   対抗:サウンドオブハート   押え:アイムユアーズ、ラシンティランテ

<購入馬券>
ジョワドヴィーヴル−サウンドオブハート、−アイムユアーズ、−ラシンティランテ、サウンドオブハート−ラシンティランテ 馬連 1,000円

<所感>
今週からの2週は、有馬記念前の2歳G1戦。2歳馬はほとんど何も知りませんが、人気と知り合いからの情報を頼りに予想しました。本命にしたのは、ジョワドヴィーヴル。たった1戦しかしていませんが、その勝ちっぷりと血統の良さを買って本命に据えます。対抗には2戦負けなしで1番人気となっているサウンドオブハート。押えには、あまり人気になっていませんが前走で重賞勝ちを収めているアイムユアーズと、3番人気のラシンティランテとしました。2番人気のエピセアロームは思い切って切り捨てました。
結果はネットで確認したのですが、ほぼ予想通りの結果となり、4番人気-8番人気の決着になったために、良いオッズが付きました。久々の大勝。有馬記念に向けての良い軍資金となりました。これで年間回収率100%超えはほぼ確定、こうなったら欲を出して200%超えを目指します。

1着 ジョワドヴィーヴル 2着 アイムユアーズ 3着 サウンドオブハート
投資金額 4,000円         通算投資金額 76,000円
回収金額 48,700円   回収率 1217.5%   通算回収金額 138,400円   通算回収率 182.1%

 

2011.12.04  ジャパンカップダート

<予想>
本命:トランセンド   対抗:エスポワールシチー   押え:ダノンカモン

<購入馬券>
トランセンド−ダノンカモン、エスポワールシチー−ダノンカモン 馬単 各1,000円、トランセンド−エスポワールシチー−ダノンカモン、エスポワールシチー−トランセンド−ダノンカモン 3連単 1,000円

<所感>
今週のジャパンカップダートも、またしても2頭の断トツ人気となっています。ダート馬はよく知らないのですが、あまりに2頭の人気だけが突出しているので、この2頭の馬連での1点勝負としようかとも考えたのですが、あまりにオッズが低いためにそれは止めて、3頭目を選ぶことにしました。よく解らないながらに選んだ3頭目は、ダノンカモン。この馬が3着までに入れば取れるように馬券を買いました。
結果は、期待のダノンカモンが最後の直線で伸びず、馬群に沈んだ時点で終わりました。人気の2頭は最後まで競り合いましたが、この2頭が入ってもダノンカモンが来ないことには話になりません。オッズの低さを嫌ってこんな買い方をした時点で、取れなくてもあまりがっかりしませんでした。今年の残り3戦で頑張ろうと思います。

1着 トランセンド 2着 ワンダーアキュート 3着 エスポワールシチー
投資金額 4,000円         通算投資金額 72,000円
回収金額 0円   回収率 0%   通算回収金額 89,700円   通算回収率 124.6%

 

2011.11.27  ジャパンカップ

<予想>
本命:ブエナビスタ   対抗:デインドリーム   押え:ヴィクトワールピサ、トーセンジョーダン

<購入馬券>
ブエナビスタ−ヴィクトワールピサ、−トーセンジョーダン、デインドリーム−ヴィクトワールピサ、−トーセンジョーダン 馬連 1,000円

<所感>
日本代表の女帝ブエナビスタと凱旋門賞を制している欧州代表デインドリームの一騎打ちの様相を呈した、今年のジャパンカップ。人気の方も2頭が僅差で、断トツとなっています。
本命にしたのは、復活勝利を望むブエナビスタ。対抗はもう1頭の人気となっているデインドリームとしました。対抗には、昨年の有馬記念を制した勢いで日本馬として史上初めてドバイワールドカップに優勝したヴィクトワールピサと、天皇賞を制して調子の上がるトーセンジョーダンの2頭を選び、他の人気馬は切り捨てました。本命と対抗の2頭では、あまりにオッズが低いため、2頭から押えの2頭への4通りの買い目にしました。
結果は、期待のブエナビスタが復活のG1レース6勝目となる優勝を遂げ、最後まで競り合ったトーセンジョーダンが2着に入り、久々の的中となりました。思いのほかオッズも良く、後半戦のここまでの負けを取り返すことができました。ここから年末の有馬記念まで、どこまで上積みを伸ばせるか。

1着 ブエナビスタ 2着 トーセンジョーダン 3着 ジャガーメイル
投資金額 4,000円         通算投資金額 68,000円
回収金額 23,000円   回収率 575.5%   通算回収金額 89,700円   通算回収率 131.9%

 

2011.11.20  マイルチャンピオンシップ

<予想>
本命:リアルインパクト   対抗:リディル   押え:エイシンアポロン、イモータルヴァース

<購入馬券>
リアルインパクト−エイシンアポロン、−イモータルヴァース、−サプレザ、リディル−エイシンアポロン 馬連 1,000円

<所感>
本命にしたのは、知人が共同馬主となっていることを知ったリアルインパクト。後は結果的に、人気上位の馬ばかりになってしまいました。リアルインパクト-リディルは馬連1番人気となり、あまりにオッズが低いのでやめました。
結果は、期待のリアルインパクトが不発に終わり、人気薄のフィフスペトルが2着に入ったため、万馬券決着となりました。取れるはずもありません。ついに前半戦の貯金を使いきり、回収率100%割れ目前。残り5戦に全てを賭けます。

1着 エイシンアポロン 2着 フィフスペトル 3着 サプレザ
投資金額 4,000円         通算投資金額 64,000円
回収金額 0円   回収率 0%   通算回収金額 66,700円   通算回収率 104.2%

 

2011.11.13  エリザベス女王杯

<予想>
本命:アヴェンチュラ   対抗:ダンシングレイン   押え:ホエールキャプチャ、レーヴディソール

<購入馬券>
アヴェンチュラ−ダンシングレイン−ホエールキャプチャ BOX、アヴェンチュラ−レーヴディソール 馬連 1,000円

<所感>
会社の競馬通から情報をゲット。アヴェンチュラの3着以内はほぼ堅い、外国馬はスノーフェアリーよりもダンシングレインがお勧め、とのこと。その情報を基に、1番人気となっているが、昨年の本レース以降勝ち星から見放されているスノーフェアリーは切り捨てた。
久しぶりにレースを生中継で観戦。期待のダンシングレインは先行、逃げきりするはずが、序盤から後方に留まり、結局のところ不発に終わる。切り捨てたスノーフェアリーが見事に2連覇。またしても総スカン。すっかり当たる気配がなくなってきました。

1着 スノーフェアリー 2着 アヴェンチュラ 3着 アパパネ
投資金額 4,000円         通算投資金額 60,000円
回収金額 0円   回収率 0%   通算回収金額 66,700円   通算回収率 111.2%

 

2011.10.30  天皇賞(秋)

<予想>
本命:ブエナビスタ   対抗:アーネストリー   押え:ローズキングダム、エイシンフラッシュ

<購入馬券>
ブエナビスタ−アーネストリー、−ローズキングダム、−エイシンフラッシュ、エイシンフラッシュ−ローズキングダム 馬連 1,000円

<所感>
本命にしたのは、休み明けながら圧倒的な強さを誇り、牝馬初の天皇賞連覇を狙うブエナビスタ。昨年のジャパンカップで1着入線しながら進路妨害で2着降着となってから、G1制覇がないが全て2着と安定感抜群。断トツ1番人気ということもあって、本命は決定。あとは2番人気のダークシャドウを外して、人気上位の馬の組み合わせで決めました。
結果は、予想外のトーセンジョーダンが悲願のG1初制覇。2着には予想で外したダークシャドウが入り、全くの総スカン。ここに来て全く冴えない予想となり、今後の展開に暗雲が立ちこめました。まずは後半戦での初的中が欲しいところ。

1着 トーセンジョーダン 2着 ダークシャドウ 3着 ペルーサ
投資金額 4,000円         通算投資金額 56,000円
回収金額 0円   回収率 0%   通算回収金額 66,700円   通算回収率 119.1%

 

2011.10.23  菊花賞

<予想>
本命:オルフェーベル   対抗:ウインバリアシオン   押え:フレールジャック、ベルシャザール、サダムパテック

<購入馬券>
オルフェーベル−フレールジャック、−ベルシャザール、−サダムパテック、ウインバリアシオン−オルフェーベル 馬単 1,000円

<所感>
オルフェーベルが史上7頭目の3冠馬となるかが注目されたこのレース。オルフェーベルに絶対的信頼を置けるほどの強さを感じないのですが、他にオルフェーベルの偉業達成を阻止できそうな馬が見当たらないため、消極的にオルフェーベルを本命に。他にオルフェーベルを負かせそうな馬がいない以上、買い方は自然と馬単になりました。1-2番人気のオルフェーベル-ウインバリアシオンだけはあまりにオッズが悪い(馬単3.0倍)ので、もしやの時のために裏返してみました。
結果的には、オルフェーベルの圧勝にて史上7頭目の3冠馬誕生。2着にもウインバリアシオンが収まり、人気通りの結果となりました。そんな訳で、鉄板レースにもかかわらず、見事に外してしまいましたが、取れても大して付かなかったと自分を慰めております。そろそろ後半戦初ゲットとしないと、前半戦の貯金を使い果たしてしまいそうです。

1着 オルフェーベル 2着 ウインバリアシオン 3着 トーセンラー
投資金額 4,000円         通算投資金額 52,000円
回収金額 0円   回収率 0%   通算回収金額 66,700円   通算回収率 128.3%

 

2011.10.16  秋華賞

<予想>
本命:ホエールキャプチャ   対抗:アヴェンチュラ   押え:マルセリーナ、エリンコート、キョウワジャンヌ

<購入馬券>
ホエールキャプチャ−アヴェンチュラ、−マルセリーナ、−エリンコート 馬連 1,000円、ホエールキャプチャ−キョウワジャンヌ、アヴェンチュラ−マルセリーナ 馬連 500円

<所感>
オッズ上位の馬が中心にはなってしまったとはいえ、2着に入った7番人気のキョウワジャンヌを押えていた辺り、全体的には良い読みだったと思うのですが、もう一歩のところで的中とはいきませんでした。取れていたらそこそこのオッズになっていたので取りたかったところですが、まあ、しょうがないと諦めます。
後半戦2連敗となってしまったので、来週あたりは巻き返したいところです。

1着 アヴェンチュラ 2着 キョウワジャンヌ 3着 ホエールキャプチャ
投資金額 4,000円         通算投資金額 48,000円
回収金額 0円   回収率 0%   通算回収金額 66,700円   通算回収率 139.0%

 

2011.10.02  スプリンターズステークス

<予想>
本命:ロケットマン   対抗:ダッシャーゴーゴー   押え:カレンチャン、エーシンヴァーゴウ、ラッキーナイン

<購入馬券>
ロケットマン−ダッシャーゴーゴー、−カレンチャン、−ラッキーナイン 馬連 1,000円、ロケットマン−エーシンヴァーゴウ、ダッシャーゴーゴー−カレンチャン 馬連 500円

<所感>
新聞かネットか何かで、外国馬のロケットマンに絶対的信頼を寄せていた記事を読んで、すっかりロケットマン信者に。本命はもちろんロケットマン。G1では大敗するもその他の重賞では好走するダッシャーゴーゴーを対抗に、人気薄からはエーシンヴァーゴウを押えに入れたものの、結果的には人気上位を押えた格好に。
結果的にはロケットマンは馬群に沈み、伏兵のパドトロワが2着に入ったことで、馬券は総スカン。前半戦の好調さを後半戦でも伸ばせるのか、貯金を使い果たしてしまうのか・・・。

1着 カレンチャン 2着 パドトロワ 3着 エーシンヴァーゴウ
投資金額 4,000円         通算投資金額 44,000円
回収金額 0円   回収率 0%   通算回収金額 66,700円   通算回収率 151.6%

 

2011年 前半戦を終えての中間成績

通算投資金額 40,000円   通算回収金額 66,700円   通算回収率 166.8%

後半戦は、10/2のスプリンターズステークスから始まります。
今年の前半戦は、購入機会10回のうち的中4回とそこそこの結果でしたが、ビクトリアマイルでの初の3連単的中のおかげで、それなりの成績となりました。総外しの昨年とは大違いで160%を越える回収率となっています。後半戦もこの調子を維持して、最終的に200%を越えるよう、がんばります。 乞う!ご期待。