Last Edit 02/12/23

2002年 後半


 

2002.12.22  有馬記念

今週は、いよいよ今年の最後を締めくくる有馬記念です。今年はこれといった絶対的な馬が現れませんでしたが、3歳馬では、牡馬にシンボリクリスエス、牝馬にファインモーションという新星が出現した年でした。
さて、最後のレースはどうなるのでしょうか。

出走馬を見てみると、今年は豪華な顔ぶれです。シンボリクリスエス、ヒシミラクル、エアシャカール、テイエムオーシャン、ノーリーズン、ジャングルポケット、イーグルカフェ、ナリタトップロード、ファインモーションという、出場14頭中なんとG1馬が9頭も出走する史上最多タイのビッグレースになっています。
そんな出走馬の中で1番人気となっているのは、ここまで負けなしの6連勝中でG1タイトルを2つ持つファインモーション。3歳馬は不利とか、牝馬は勝てないというジンクスを打ち破っての堂々の1番人気で、30%を超える支持率を誇っています。
2番人気はシンボリクリスエス。3歳馬ながら天皇賞(秋)を制して、ジャパンカップでも並み居る強豪を相手に3着に入った実績を誇っています。
3番人気はジャングルポケット。今年は春の天皇賞で2着になったのが最高で勝ちがないものの、昨年のジャパンカップを制した実力は本物です。
そして4番人気は、このレースを引退レースとするナリタトップロード。実力は持っているもののG1の勝ちにはなかなか恵まれなかったのが残念ですが、このレースでは堂々の人気投票1位に輝いています。
それ以降は、今年の菊花賞馬ヒシミラクル、昨年の秋華賞馬テイエムオーシャン、一昨年の菊花賞馬エアシャカール、今年のジャパンカップダート馬イーグルカフェと続いています。

さて、私の予想はというと、やはり大方の予想通り、人気上位3頭は外せません。この3頭の中から優勝馬が出るのは間違いないと思うので、3頭のボックス買いと決めましたが、この3頭には人気が集中していて来ても大したオッズにならないので、投入金額をいろいろと検討しました。なんせ、通算回収率が100%を超えないと目標が達成できないので、買い方が難しいです。最も来そうだと判断したジャングルポケット−ファインモーションは、馬連で3,000円投入しました。残りのシンボリクリスエスからジャングルポケットとファインモーションは、ワイドで2,500円づつの投入とすることで、願わくは3点とも取ろうという作戦です。この時点で投入金額が8,000円になってしまったので、あとは2,000円で合計は10,000円にします。
続いては、このレースで最後となるナリタトップロードに、今までの激走に感謝と慰労の意を込めて投じます。ナリタトップロードが来るとしたら、若い3歳馬を蹴散らす展開がふさわしいと思って、ジャングルポケットとの馬連を1,000円。記念日買いにもなる4-11でエアシャカールとのワイドに1,000円。
さて、今年最後の勝負で、目標を達成することができるのでしょうか?

結果は意外な展開となりました。早々にハナを切ったファインモーションと競り合っていたタップダンスシチーが、3コーナーで一気に他の馬を突き放し、早めの逃げ切りを仕掛けたものの、ラスト直線の最後の最後でシンボリクリスエスが差し切りました。
2年連続の3歳馬による制覇となりました。ペリエにとっては、またしても大きな勲章を手に入れました。1番人気のファインモーションは、直線での伸びが見られず、なんとか掲示板は確保したものの無念の5着に敗れました。
3着には夏の上がり馬で穴人気していたコイントスが入線し、4着には最後に意地を見せたナリタトップロードが入りました。
馬券を取ることはできませんでしたが、ナリタトップロードが4着に入ったのは、なんとなく嬉しかったです。ファインモーションも今回は負けましたが、負けてなお強しという印象を与えるものだったので、今後の展開が楽しみです。勝ったシンボリクリスエスは、今後は天皇賞(春)を狙わずに海外へ挑戦をするようなので、こちらも応援したいです。

これで2002年のG1レースも全て終わったわけですが、前半戦は健闘したものの、私の予想は最後にも当たらず、またしても通算回収率は100%を切るといった結果に終わりました。終わってみれば昨年と全く同じ70%という回収率に止まりました。やはりやる以上は100%超えを狙っていかなければなりません。またしてもこの宿題は来年に持ち越すことになりますが、今年もこんな当たらない予想にここまでお付合い頂きまして、ありがとうございました。
来年も頑張りますので、今後もよろしくお願い致します。では、来年は心機一転して2003/2/23のフェブラリーステークスで、またお会いしましょう!

1着 シンボリクリスエス 2着 タップダンスシチー 3着 コイントス
投資金額 10,000円         通算投資金額 72,000円
回収金額 0円   回収率 0%   通算回収金額 50,900円   通算回収率 70.7%

 

2002.12.08  朝日杯フーチュリティステークス

今週は牡馬の2歳戦、朝日杯フューチュリティステークスです。
先週お伝えしたように、この週末は志摩に釣りに来ています。(この内容は帰ってから書いていますが・・・) 釣りの模様は別のコーナーでお伝えしますが、そんなわけで競馬の方は全く集中できませんでした。

今週のレースの情報源は、風呂に入りに行った近くのホテルにおいてあったスポーツ新聞のみ。それもほんの5分ほどしか見ることができなかったので、オッズはおろか馬の名前すら覚えられず、買い目を無理やり決めて馬番のみを覚えてきました。電話投票権を持っているので、あとは携帯電話で投票したという次第です。

さて、注目した馬は、サクラプレジデント、ワンダフルデイズ、コスモインペリアル、マイネルモルゲンの4頭。もちろん、馬の名前は帰ってきてから調べました。とにかく情報量が少なかったので、この4頭のこともよく知らないまま、なんとなく雰囲気で決めてしまいました。
あとは買うだけですが、オッズを見ながら適当に決めました。ワンダフルデイズからサクラプレジデントとコスモインペリアルへワイド1,000円、サクラプレジデント−コスモインペリアル、マイネルモルゲンからワンダフルデイズ、サクラプレジデントへワイド500円、記念日買いで9-14をワイドで500円。

結果は、福永くんが2週連続の2歳戦制覇。伏兵のエイシンチャンプが栄冠をつかみました。
馬券の方は、いい加減な買い方では当たるはずもなく、当然のごとく総スカンでした。

いよいよ、残されたところ最後の有馬記念だけとなりました。1週開いて12月22日に今年の総決算が行われます。目標の年間通算回収率100%以上は、微妙に難しいところですが、最後の最後での大逆転を目指して頑張ります。
では、有馬記念でお会いしましょう。

1着 エイシンチャンプ 2着 サクラプレジデント 3着 テイエムリキサン
投資金額 4,000円         通算投資金額 62,000円
回収金額 0円   回収率 0%   通算回収金額 50,900円   通算回収率 82.1%

 

2002.12.01  阪神ジュベナイルフィリーズ

2週間ぶりのご無沙汰です。
いよいよ12月に入って、年末のあわただしさが近づいてきた感じですね。今週と来週は新馬の2歳によるG1レースですが、今週は2歳牝馬による阪神ジュベナイルフィリーズ(旧阪神牝馬3歳ステークス)が行われます。
2歳馬はまだまだ安定感に欠ける上に牝馬ではさらに不安定なので、過去のレースでは荒れたことも多いレースです。

出走馬の人気を見てみると、1頭抜きん出た存在がいます。新馬戦以来負けなし3連勝中のピースオブワールドが、なんと単勝1.5倍という圧倒的な支持を集めています。この馬の対抗と目されていた馬が抽選で出走できなくなったことも手伝ってか、この馬の勝ちは当然で、2着に何が来るかといった雰囲気までになっています。
2番人気以下は混戦です。2番人気は、安定した成績でペリエ騎乗も後押ししたオースミハルカ。3番人気は、前走のファンタジーSでピースオブワールドの後塵を拝して3着ながらも結果を出したトーホウアスカ。4番人気は、既に重賞の新潟2歳Sを獲っているワナ。5番人気は、キャリア1戦ながら底を見せていない上に武豊騎乗で注目のアドマイヤテレサ。これ以降は、まだ連を外していないブランピュール、ファンタジーSで2着に入ったシーイズトウショウと、ここまでが単勝20倍以下の中でひしめき合っています。

さて、私の予想ですが、やはりピースオブワールドで決まりでしょう。今まで3戦の勝ちっぷりが良いです。よっぽど入れ込んだり不測の事態が起こらない限りこの馬で決まりと思います。ということで、本命はピースオブワールド。次に対抗ですが、いろいろな批評を読んでみると良く思えてきたからという理由だけなのですが、トーホウアスカを指名します。この2頭で馬連を1,000円。
難しいのはこれから先です。いろいろと考えたのですが、長くなるので、最終的に絞り込んだのは次の3頭。シーイズトウショウ、ブランピュール、オースミハルカを次点に据えました。結果的には人気上位の馬になってしまいました。ピースオブワールドとトーホウアスカから、それぞれワイドで500円ずつ。そのうちオッズの高い方から2点は400円にして、余った200円で記念日買いの4-11をワイドで。意外と荒れて、来るかもしれませんからね。

結果の方は、やはり大方の予想とおり、ピースオブワールドが直線で切れの良い脚を使って、圧勝しました。いやぁ、この馬は本当に強いですね。2着には伏兵のヤマカツリリーが入り、馬連の方は4,880円と意外とつきました。私の馬券は、3着にブランピュールが入選してくれたおかげで、総スカンを逃れることができましたが、またしても元を獲ることが出来ませんでした。
最大の目標である通算回収率100%超えを達成するには、残されたエースが少ないですが、まだまだ逆転可能な位置にいるので、頑張りたいと思います。

来週は、牡馬の方の2歳戦、朝日杯フューチュリティステークスでお会いしましょう。釣りに行くので、もしかしたら買えないかもしれないのですが…

1着 ピースオブワールド 2着 ヤマカツリリー 3着 ブランピュール
投資金額 4,000円         通算投資金額 58,000円
回収金額 3,950円   回収率 98.8%   通算回収金額 50,900円   通算回収率 87.8%

 

2002.11.24  ジャパンカップ

海外出張中につき、見送りです。

1着 ファルブラヴ 2着 サラファン 3着 シンボリクリスエス
投資金額 0円         通算投資金額 54,000円
回収金額 0円   回収率 −%   通算回収金額 46,950円   通算回収率 86.9%

 

2002.11.23  ジャパンカップダート

海外出張中につき、見送りです。

1着 イーグルカフェ 2着 リージェントブラフ 3着 アドマイヤドン
投資金額 0円         通算投資金額 54,000円
回収金額 0円   回収率 −%   通算回収金額 46,950円   通算回収率 86.9%

 

2002.11.17  マイルチャンピオンシップ

今週は、マイルチャンピオンシップ、秋のマイル王決定戦です。
これといった有力馬が存在しないせいか、先週とはうって変わって、大混戦の様相を呈しています。

出走馬の人気を見てみると、1番人気に支持されたのはアドマイヤコジーン。春のマイル王(安田記念)で、春の高松宮記念と前走のスプリンターズステークスで2着に入った実績が高く評価されています。この馬だけが少し他の馬を離した人気となっているようです。
2番人気は、ブレイクタイム。前走の天皇賞(秋)では、思ったほど伸びず9着敗退ながらも、夏の新潟の京成杯AH(GV)で4馬身差圧勝という驚異的なパフォーマンスを見せた辺りが人気のようです。
3番人気以降は本当に混戦で、見る時間によって人気の順位が入れ替わっています。私が見た時点での順位は、この後は、海外での国際G1で2勝の底力を持つエイシンプレストン、4歳馬ではマイル向きと見られているメイショウラムセス、武豊騎乗で人気の上がってきた3歳馬モノポライザー、京王杯で2着と前々走の安田記念で4着と安定感のあるグラスワールド、テレグノシス、デュランダル、ダンツフレームと、ここまでが単勝20倍以下で、僅差で続いています。

さて、私の予想ですが、はっきり言ってよくわかりません。聞いたことのない馬も多いので、判断が難しい割に情報が少ないのです。こんな時は知っている馬を中心に選択するのが得策かと思います。
という訳で選んだのが、アドマイヤコジーン、エイシンプレストン、ブレイクタイム。気がついてみれば人気上位3頭なのですが、人気で選んだわけではありません。この3頭をBOXで1,000円ずつ買うことにしました、自信がないのでワイドです。
その他で気になる馬は、安田記念2着や宝塚記念1着の実績がありながら、前走の天皇賞(秋)で惨敗して人気のないダンツフレーム。この馬をアドマイヤコジーンに絡めて、どうせなら馬連で500円。さらにこういう混戦は意外なところが来たりするので、なんの意味もなく誕生日での4-11をワイドで500円。

結果の方は、買物を行っている間にレースが終わってしまいました。帰ってから結果だけを見たのですが、かなり荒れたようですね。なんと1番人気のアドマイヤコジーンは馬群に沈んだようで、7着に終わり、人気薄のトウカイポイントが制していました。海外G1で2勝の意地でエイシンプレストンが2着に入ったのが、せめてもの救いですが、馬券の方は無残にも惨敗でした。
これで、またしても通算回収率が100%から離れてしまい、例年と同じムードが漂ってきました。気持ちを切り替えて、最終の有馬記念までにはなんとか目標を達成したいと思います。

さて来週は、連日のG1が開催されるジャパンカップシリーズです。土曜日にジャパンカップダート、日曜日にジャパンカップが開催されます。しかし、残念ながら私は海外出張のため、馬券を買うことができないので、無念の見送りです。
という訳で、次回は12/1のジュベナイルフィリーズ(旧:阪神3歳牝馬ステークス)でお会いしましょう。

1着 トウカイポイント 2着 エイシンプレストン 3着 リキアイタイカン
投資金額 4,000円         通算投資金額 54,000円
回収金額 0円   回収率 0%   通算回収金額 46,950円   通算回収率 86.9%

 

2002.11.10  エリザベス女王杯

今週は、エリザベス女王杯です。3歳牝馬と古馬牝馬の混合での女王決定戦です。
過去の成績では、その年の3歳女王が挑戦し続けるも3歳牝馬はなかなか勝たせてもらえないレースとなっています。ところが今年は様相が少し違っています。1ヶ月前の秋華賞で圧倒的な強さを見せつけたファインモーションが参戦して、古馬相手でも引けをとらないどころか、ここでも敵知らずといった雰囲気になっています。
秋のG1シリーズでは2週連続ではずしているので、今週こそはしっかり的中させて、通算回収率100%回復を図りたいところです。

出走馬を見てみると、やはり人気は上記のファインモーションに集中しています。前日オッズではなんと単勝1.2倍という人気の高さを誇っていて、絶対に勝つと信じられているようです。昨年のトゥザビクトリーのように古馬に絶対的な存在がいないことと、秋華賞の圧倒的な勝利を見せつけられているためでしょうか。今年はシルクプリマドンナ、レディパステル、スマイルトゥモローと、ここ3年間の歴代オークス馬が顔を揃えているにもかかわらず、相手になっていないようです。
これに続く馬は、かなりオッズが離れて、ダイヤモンドビコーが2番人気です。今回がG1初挑戦ですが、牝馬重賞では3勝2着3回という実績の持ち主で、前走の府中牝馬Sで圧勝したのが支持されています。
3番人気はローズバド。昨年のこのレースで、3歳ながら2着に入った実績を誇っています。しかし、昨年のオークス、秋華賞、エリザベス女王杯とG1挑戦は全て2着と、あと一歩で勝ち切れなかった雪辱をかけてのレースとなります。
4番人気は、昨年のオークス馬レディパステルです。ここ2戦を叩かれて前走の府中牝馬Sでの3着が評価されています。
単勝オッズが20倍を切っているのはこの4頭だけで、その他の馬の人気は大きく離れています。

さて、私の予想ですが、やはりファインモーションの強さは本物だと思います。底を見せていない圧倒的な強さで、無敗のまま6連勝と2つ目のG1タイトルを獲るのは、かなり可能性が高いでしょう。この馬の軸は動かせません。今回は対抗の2着を予想するレースとなりそうです。
そこで、対抗候補として上げるのは、レディパステル、ローズバド、シルクプリマドンナ、トーワトレジャー、ダイヤモンドビコーの5頭です。上記の説明がなかったところでは、トーワトレジャーはこの夏の上がり馬で、前走の新潟記念で牡馬に混じっての勝利を評価しました。シルクプリマドンナは、一昨年オークス、秋華賞、エリザベス女王杯とずっと応援していた馬だった愛着で、人気を落としている今年も応援します。
馬券の買い方は、オッズと相談で決めました。優勝はファインモーションと決めているので、馬連で買うくらいなら当然馬単で勝負です。ということで、ファインモーションからレディーパステル、ローズバド、ダイヤモンドビコーへ馬単で1,000円ずつ。オッズの高いシルクプリマドンナ、トーワトレジャーは、それぞれファインモーションからワイドで500円ずつ。この2頭が3着に入ってくれることを望みます。

結果の方は、大方の予想通り、ファインモーションが2着に3馬身をつけての圧勝でした。いや、それにしてもこの馬は本当に強いですね。と、秋華賞と同じフレーズになってしまいました。それほどこの馬の強さが強調されたレースでした。序盤から積極的に動いて2〜3着をキープしたままで、3角コーナーでトップに立つと他の馬を全く相手にすることなくゴールをつきぬけました。ラスト直線で鋭い差し足を見せたレディパステルも霞んでしまいましたね。これで負けなしの6連勝、とんでもない女王の誕生です。是非、有馬記念に出走して、今度は牡馬との勝負を見てみたいものです。
馬券の方は、馬単で勝負したにもかかわらず、2番人気のダイヤモンドビコーが2着に入ったため、低調なオッズに終わり、元を取るのがやっとという結果に終わってしまいました。通算回収率100%超えの目標はならなかったのですが、2週連続で外していたので、なんとか次につなげることができるというもんです。来週こそは100%超えに再挑戦します。

では、来週は今週と同じ京都の舞台でマイルチャンピオンシップでお会いしましょう。来週は今週のファインモーションのような絶対的な存在がいなくて、混戦模様になりそうです。

1着 ファインモーション 2着 ダイヤモンドビコー 3着 レディパステル
投資金額 4,000円         通算投資金額 50,000円
回収金額 4,100円   回収率 102.5%   通算回収金額 46,950円   通算回収率 93.9%

 

2002.10.27  天皇賞(秋)

今週は、秋の天皇賞です。
秋のG1シリーズにいよいよ本格的に古馬が登場してきて、混戦の様子を呈していますが、これも昨年、一昨年のテイエムオペラオー−メイショウドトウのような絶対的な存在がいないのと、今年の主役になりそうだったマンハッタンカフェ、ジャングルポケットといった辺りが、海外重賞を狙って回避や故障引退というのが原因のようです。まさに本命不在、大混戦という状況になっています。

出走馬を見てみると、人気の方も分散しています。一番人気に支持されたのは、テイエムオーシャン。昨年の桜花賞、秋華賞を含むG1で既に3勝、休養明けの前走でもきっちり結果を出し、エアグルーヴ以来となる女帝誕生の期待が高まっています。56kgの斤量も魅力のようです。
時間によって人気の順位もめまぐるしく変わるほど混戦ですが、私の確認した時点で続くのは、ナリタトップロード。早くも6歳となってしまったが、'99年の菊花賞を制してからはG1での2着、3着を重ね、悲願のビッグタイトル制覇に期は熟した感があります。前走の京都大賞典(G2)でも貫禄勝ちを収めています。
3番人気は、シンボリクリスエス。今年のダービー2着馬で、先週の菊花賞を回避して堂々と古馬との対戦を挑んできました。こちらも56kgの斤量も魅力で、バブルガムフェロー以来、天皇賞(秋)で6年ぶりの3歳馬勝利を目論んでいます。
これらに続くのは、前走の大阪杯(G2)を制したサンライズペガサス、海外G1で2勝の実績を持つエイシンプレストン、天才武豊騎乗で期待の高まる一昨年のクラシック2冠馬エアシャカールといったところが、ほとんど差のないオッズで続いています。

さて、私の予想ですが、大方の予想と同様に、どの馬が来てもおかしくなく絞り切れないというのが本音です。そうはいっても決めないといけないので、悩んだ挙句に拾い上げた馬は、ナリタトップロード、エイシンプレストン、ツルマルボーイ、シンボリクリスエス、テイエムオーシャン、エアシャカール、ダンツフレームの7頭。うーん、これから先がなかなか絞り込めません。何度も何度も書いては消しの作業を繰り返しているうちに、何が何だかよくわからなくなって、最終的に残ったのは、ナリタトップロード、ツルマルボーイ、テイエムオーシャン、エアシャカールの4頭でした。やや人気のないところでは、ツルマルボーイを買っています。
先週も外しているので、またしてもワイドで勝負することにします。上記の4頭をボックスで500円づつ。さらに、エイシンプレストン−ツルマルボーイを500円。記念日買いで9-14を200円。あとは、上記の4頭を絡めた3連複を、1-7-10で200円、1-10-14を100円としました。もっといろいろ買いたかったのですが、予算に限界があるので、これ以上は諦めました。

結果の方は、3角コーナーで抜け出したシンボリクリスエスが、ラスト直線で伸びてきたナリタトップロードを振りきって、見事にバブルガムフェロー以来2頭目の3歳での天皇賞(秋)を制しました。ナリタトップロードは、またしても目前にして栄冠を勝ち取ることが出来ず、大舞台での弱さを露呈してしまった形です。
馬券の方はというと、人気上位のうち初めに切り捨てたサンライズペガサスが3着、最後の最後に切ってしまったシンボリクリスエスが1着という結果で、無残にも総スカンということになりました。100%超えをキープしていた通算回収率の方も、ついに100%を切り、まさに尻に火がついてしまいました。どうも流れが負けが込んでいた頃に似ているので、良くない展開です。来週は1週お休みなので、気持ちを切り替えて後半戦に突入したいと思います。

では、次回は1週空いた11/10にエリザベス女王杯でお会いしましょう。

1着 シンボリクリスエス 2着 ナリタトップロード 3着 サンライズペガサス
投資金額 4,000円         通算投資金額 46,000円
回収金額 0円   回収率 0%   通算回収金額 42,850円   通算回収率 93.2%

 

2002.10.20  菊花賞

今週は、クラシック3歳3冠のラストレース、長丁場の菊花賞です。
3,000mの長丁場のレースなので、例年はダービーでの上位馬が活躍することが多いのですが、ダービー馬のタニノギムレットは故障のため引退し、2着のシンボリクリスエスも天皇賞(秋)に向かうために回避となり、今年は14年ぶりにダービー1、2、3着馬が不在という、混戦ムード漂う一戦となっています。

長距離になるほど騎手の手腕がものをいうと言われていますが、今週で史上3位となる生涯勝利数を重ねた名騎手の武豊は、皐月賞馬のノーリーズンを選びました。さて、ノーリーズンの騎乗によって、主役不在と言われるこのレースで、国内G1の連続勝利を伸ばすことができるのでしょうか。
人気の方を見てみると、そのノーリーズンが一番人気となっていて、他の馬をやや引き離しています。それに続くのは、昨年の2歳戦で活躍するもその後骨折して春のシーズンを棒に振ったアドマイヤマックス。もともとG1級の実力を持っているだけに、復調の兆しを見せたトライアルレースで評価が上がっています。3番人気は、3歳馬ながら今年の宝塚記念で古馬を相手に見事な3着に入線したローエングリン。さらに、ダービー4着のメガスターダム、2歳時に朝日杯フューチュリティSでG1を制しているアドマイヤドン、ここまで重賞3勝を含む7戦4勝のバランスオブゲーム、といったところが等間隔で続いています。

さて、私の予想ですが、アドマイヤマックス、ノーリーズン、バランスオブゲーム、ローエングリン、アドマイヤドンといった人気上位の馬で考えていますが、これからなかなか絞り込めません。ノーリーズンは人気ほど他の馬を引き離しているとは思えませんが、連には絡んでくるでしょう。昨年から応援していたアドマイヤドンですが、心情的にはここから行きたいのですが、まだ当時の調子まで復調しているとは思えないので切ることにしました。
あとは絞り込めないので、オッズを見ながら上記の馬の組合せを全て買うことにしました。先週はオッズ狙いでいって元が取れなかったので、今週はまた地道な狙いに戻って、全てワイドで勝負することにしました。
ということで、ノーリーズンからアドマイヤマックス、バランスオブゲーム、ローエングリンに各1,000円。後ろの3頭でボックス500円。オッズ的には堅いところで収まってしまいました。

結果の方は、とんでもない大荒れとなりました。なんと一番人気のノーリーズンが、スタート直後につまづいて落馬。レースは騒然とした雰囲気のまま進んで、ゴールは人気薄のヒシミラクルとファストタテヤマの写真判定になりました。結局、ヒシミラクルが制したのですが、なんと馬連96,070円、馬単182,540円、3連複344,630円という超高配当となりました。人気のノーリーズンは落馬、アドマイヤマックスは馬群に沈む結果でした。
人気どころを中心とした私の馬券は、当然のことながら当たるはずもなく、久々の総スカンという結果に終わってしまいました。これで、ついに通算回収率100%キープの目標が危うくなってきました。今回は堅く行って外すという最悪の結果に終わったので、次週で取り戻したいところです。

では来週は、いよいよ古馬の登場ですが、秋の天皇賞でお会いしましょう。

1着 ヒシミラクル 2着 ファストタテヤマ 3着 メガスターダム
投資金額 4,500円         通算投資金額 42,000円
回収金額 0円   回収率 0%   通算回収金額 42,850円   通算回収率 102.0%

 

2002.10.13  秋華賞

今週は、3歳牝馬3冠の最後の椅子をめぐる戦い、秋華賞です。桜花賞馬アローキャリー、オークス馬スマイルトゥモローの2頭は不出馬のため、今年の3冠はそれぞれ違った馬になります。最後の椅子を奪い取って競馬史にその名を残すのは、一体どの馬になるのでしょうか。

荒れることが多いこのレースも、今年は少し様子が違うようです。新聞やネットなどでどの予想を読んでも、このレースの主役はこの馬で決まり!という雰囲気になっています。その馬の名は、ファインモーション。デビュー戦を白星で飾ったあと休養に入り、復帰後も土つかずの3連勝。それも、直線でほとんど追われることのない余裕の内容で、デビューからの4戦で2着につけた着差は、実に合計17馬身に上るという豪傑馬です。今回ばかりは、本当にこの馬で決まるのでしょうか。なんと前日オッズでは、単勝100円という驚くべき人気になっています。
早くも2着馬争いとなった感のあるレースですが、ファインモーションに続く人気の方は混戦のようです。
2番人気は、トライアルレースのローズSでファインモーションに続いて2着に入ったサクラヴィクトリア。そして3番人気は、桜花賞、オークスで、ともに1番人気に支持されながらも3着、5着に沈んだシャイニンルビー。少し離れてオークス2着のチャペルコンサート。その後は、オースミコスモ、ユウキャラット、シアリアスバイオと続いています。

さて、私の予想ですが、やはり圧倒的人気のファインモーションを外す勇気はありません。この馬を本命に据えます。悩みどころの対抗には、シャイニンルビーで行きます。前走の紫苑Sでひと叩きされて調子が上向いていると判断したのと、桜花賞、オークスでの投資をこのあたりで返して欲しいとの期待からです。通算回収率も100%を超えていることなので、ここは少し強気でワイドでなく馬連で勝負です。ファインモーション−シャイニンルビーを馬連で1,500円。
続いて3着予想ですが、チャペルコンサート、シアリアスバイオ、ユウキャラットを次点に上げました。2番人気のサクラヴィクトリアは、よくわからないのであっさり切り捨ててみました。ということで、こちらはワイドでファインモーションからチャペルコンサートへ1,000円。シアリアスバイオ、ユウキャラットへ500円。
それと、先週の的中で気を良くした3連複も、ファインモーション−シャイニンルビー−チャペルコンサートで500円買ってみました。

結果の方は、大方の予想通り、ファインモーションが2着に3馬身半をつけての圧勝でした。いや、それにしてもこの馬は本当に強いですね。このままで行けば、どこまで強くなるか限界を知らないといった感じです。2着争いの方は,混戦でしたが、最後に大外からサクラヴィクトリアが粘るシアリアスバイオを差し切って2着に入りました。
私の期待したシャイニンルビーは、スタート前から入れ込んでしまい、大外発走となったばかりか、哀れにも最降着となってしまいました。シアリアスバイオとのワイドで、なんとか総スカンは免れたものの、切り捨てたサクラヴィクトリアが2着に来るなど、外してしまいました。まだ通算回収率が100%を超えているので、これに気を良くして今後もこの数字をキープしていきたいと思います。

では来週は、クラシック3歳3冠のラストレース、長丁場の菊花賞でお会いしましょう。

1着 ファインモーション 2着 サクラヴィクトリア 3着 シアリアスバイオ
投資金額 4,000円         通算投資金額 37,500円
回収金額 2,800円   回収率 70.0%   通算回収金額 42,850円   通算回収率 114.3%

 

2002.09.29  スプリンターズステークス

いよいよ2002年のG1後半戦がスタートしました。後半戦は、年末の有馬記念まで11戦が行われます。前半戦の成績は下記に示したとおりですが、回収率105.2%と競馬を始めてから初めて100%を超える回収率で折り返すことができました。後半戦もこの調子を維持して、今年こそ年間を通じて100%を超える回収率で終われるように頑張りますので、ご声援をよろしくお願い致します。

さて、後半戦の初戦は短距離王の決定戦スプリンターズステークスです。
このところ競馬からすっかり離れていて、11頭と少ない出馬ながら知らない馬が多いです。人気の方を見てみると、夏の上がり馬でこのところ3連勝中のビリーヴが他を押さえて一番人気に支持されています。2番人気は、近4戦で3勝2着1回とパーフェクト連対中で春の高松宮記念で2着に入ったアドマイヤコジーン。3、4番人気は、函館スプリントS(GV)で古馬を一蹴したサニングデールと高松宮記念を圧倒的な強さで制したショウナンカンプが続いています。ここまでの4頭が10倍以下の人気でその他を離しています。

私の予想ですが、上記の人気馬のうち2頭が私の誕生日の4-11に入っているので、今回は出目勝負でこの2頭に託してみたいと思います。その2頭とは、4番のビリーヴと11番のショウナンカンプです。早速、馬連とワイドで4-11を1,000円ずつ。続いて、この夏から始まった新しい買い方の馬単と3連複を買ってみたくなったので、4-11と11-4の裏表で馬単を500円ずつ。さらに9番のアドマイヤコジーンを絡めて、3連複は4-9-11で500円、最後に一応押さえで9-11もワイドで1,000円。と、今回は誕生日にちなんだ数字で買ってみました。
去年のこのレースでどんな買い方をしたか見てみたら、去年も今年と同じように誕生日の出目で買っていて笑いました。ちなみに、このコーナーを始めてから3年間で、悲しいことにG1レースでは馬連4-11が来たことは1度もありません。

結果の方は、終始レースを引っ張ったショウナンカンプ、アドマイヤコジーン、ビリーヴの3頭によるラスト直線の壮絶な叩き合いの末、武豊の騎乗するビリーヴが最内を突いて他の2頭を突き離し、秋の短距離王の称号を手に入れました。2着には春の高松宮記念でも2着に敗れたアドマイヤコジーンが、そして3着にはラストで2頭に差されたショウナンカンプが入りました。
ついに来たか!と思ったのもつかの間、またしても4-11は夢に終わりました。しかし、ワイドで2点とも取れたのと、初の挑戦だった3連複も見事にGETできたので、馬券的にはプラス収支になりました。後半戦も幸先良いスタートが切れたので、いよいよ年末の年間収支が楽しみです。

では、次回は1週空いた10/13に、秋の3歳牝馬王決定戦の秋華賞でお会いしましょう。

1着 ビリーヴ 2着 アドマイヤコジーン 3着 ショウナンカンプ
投資金額 4,500円         通算投資金額 33,500円
回収金額 9,550円   回収率 212.2%   通算回収金額 40,050円   通算回収率 119.6%

 

2002年 前半戦を終えての中間成績

通算投資金額 29,000円   通算回収金額 30,500円   通算回収率 105.2%