Last Edit 01/12/23

2001年 後半


 

2001.12.23  有馬記念

さて今週は、いよいよ今年の最後を締めくくる有馬記念です。今年はテイエムオペラオーを中心にしながらも、いろいろな強敵が出現してなかなか勝てなかったG1展望ですが、最後のレースはどうなるのでしょうか。

出走馬を見てみると、残念なことに人気上位ながら回避した馬がいくつかいます。秋の京都大章典で失格になりながらも実力ではオペラオーを負かしたステイゴールド、天皇賞(秋)で大外からオペラオーを差し切ったアグネスデジタル、ジャパンカップで3歳馬ながらオペラオーを撃破して制したジャングルポケット、ジャパンカップダートで世界に敵なしを見せつけたクロフネ、これらの馬が皆出走していたらどんなことになっていたのか、考えるだけでもワクワクします。アグネスデジタルとステイゴールドは、回避したといっても香港のレースに出て、海外G1を制したのですからすごいものです。
これらの馬が回避してしまったのですが、それでも3歳馬からは菊花賞馬のマンハッタンカフェ、2冠の女王テイエムオーシャンの2頭が出走し、さらに充実の5歳馬からは今年のG1をにぎわしてくれた3強テイエムオペラオー、メイショウドトウ、ナリタトップロードのほか、エリザベス女王杯を制したトゥザヴィクトリーと名馬が揃い、決して例年以下とは言えないラインナップとなりました。出走頭数が13頭と少ないのが少し残念ですが・・・

そんな出走馬の中でも、注目はなんといってもテイエムオペラオー。シンボリルドルフの持つG1最多勝の記録に並んでおり、このレースで新記録の8勝目に臨みます。今年はこれまで、宝塚記念、天皇賞(秋)、ジャパンカップと記録がかかったレースで全て惜敗の2着と記録達成ならないまま、ついに引退前の最終レースとなってしまいました。当然のことながらダントツの1番人気となっていて、オッズにかかわらずとにかく有終の美を飾って欲しいと思う人が多いのでしょう。
2番人気はこれまた引退レースのメイショウドトウ。こちらも昨年からの歴史に残るオペラオーとの激戦を戦ってきただけに、応援する人が多いようです。3番人気は、最強と言われる今年の3歳馬の中で菊花賞を制して乗りこんできたマンハッタンカフェ。続いて、先のジャパンカップで復活の兆しを見せたナリタトップロードとなっています。このほかでは、2連勝中のトウカイオーザ、牝馬の要トゥザビクトリー、もう1頭の3歳馬シンコウカリドといったところが穴人気しています。

さて、私の予想はというと、やはりここはテイエムオペラオーからいくしかないでしょう。この馬のおかげで昨年、今年と随分楽しませてもらいました。オッズは抜きにして、心情的にやはり有終の美を飾ってもらいたいものです。今までも数々のジンクスを破り、帝王シンボリルドルフの記録に並んだ上、今年の負けたレースでもしっかり連に絡んでいるあたりはすごいの一言です。そして対抗には、永遠のライバルであるメイショウドトウを指名します。もう一度、この2頭でのワンツーフィニッシュを見せてもらいたいものです。そしてもう1頭は、やはリ3強の一角として親しまれたナリタトップロードです。この3頭絡みでは、オッズが期待できないのはわかっていながら、やはリ記憶に残るレースをして欲しいということから決めました。ということで、馬連でオペラオーからドトウへ4,000円、トップロードへ2,000円。
しかし、これでは今年の通算回収率が100%を超えないことが確定してしまうので、もう一点はオッズ期待で勝負です。意外と宝塚記念の再来となったりしてという淡い期待を胸に、人気薄のホットシークレットからオペラオーにワイドで1,000円。

結果は、残念ながらテイエムオペラオーの勝利とはならなかったですね。最後は見せ場を作ったものの、マンハッタンカフェの差し足にかなわなかったといったところでしょう。まさに新旧交代を印象づけられたレースでした。サンデーサイレンス産駒では、初の有馬記念制覇だそうで、意外な感じです。それにしても今年の3歳馬は本当に強い!一体最強3歳馬の栄冠はどの馬に与えられるのでしょうか。
もう1頭のラストランとなったメイショウドトウにしても、オペラオーに勝てればレースに勝てると踏んで他の馬を侮ったというのですから、仕方のない4着といったところでしょう。オペラオーとドトウには、本当にいいレースを見せてもらいました。これから種牡馬となって、またいい産駒を期待したいと思います。
馬券的には、2着に人気薄のアメリカンボスが入ったために、大荒れの万馬券となりました。

これで2001年のG1レースも全て終わったわけですが、私の予想は最後にも当たらず、またしても通算回収率は100%を切るといった結果に終わりました。昨年と比べると随分好転しましたが、やはりやる以上は100%超えを狙っていかなければなりません。この宿題は来年に持ち越すことになりますが、今年もこんな当たらない予想にここまでお付合い頂きまして、ありがとうございました。
来年も頑張りますので、今後もよろしくお願い致します。では、来年は心機一転して2002/2/17のフェブラリーステークスで、またお会いしましょう!

1着 マンハッタンカフェ 2着 アメリカンボス 3着 トゥザヴィクトリー
投資金額 7,000円         通算投資金額 86,900円
回収金額 0円   回収率 0%   通算回収金額 61,400円   通算回収率 70.7%

 

2001.12.09  朝日杯フューチュリティステークス

さて今週は、2歳牡馬の王者決定戦、朝日杯フューチュリティステークスです。今年からの満歳呼び名への変更に伴って、昨年までの朝日杯3歳ステークスが朝日杯フューチュリティ(将来性があるの意味)ステークスに改称されました。

今年のレースは、各地の重賞やオープン戦で勝ち名乗りを挙げた馬がほぼ出揃い、ハイレベルかつ難解な一戦となりました。人気上位はやや割れると思われましたが、意外にもここまで2戦2勝のアドマイヤドンが圧倒的な1番人気に支持されました。この馬は新馬戦のダートで8馬身差の圧勝をした上に、2戦目の京都2歳Sでは初芝、初距離をあっさり克服して4馬身差でぶっちぎり、人気になるのも頷けるというものです。2番人気は、これまた3連勝中で底を見せていないシベリアンメドウ。3番人気は地方競馬で好成績を収めた上、出世レースの札幌2歳Sを制覇したことで中央の藤沢厩舎に入って真価が問われるヤマノブリザード。そして、前走の京王杯で2着に入ったアグネスソニック、2連勝中のカフェボストニアン、2連勝のあと3ヶ月の休養空けのバランスオブゲームと続いています。

そこで私の予想ですが、やはり本命にはアドマイヤドンを推します。この馬は、過去2戦ともぶっちぎりの勝利で大物ぶりを見せつけたことと、今だ底を見せていないことが決め手で、秘められた能力は相当に高いと感じています。この馬から、シベリアンメドウ、ヤマノブリザード、ファストタテヤマの3頭に、ワイドで1,000円づつ。上記に名の挙がっていないファストタテヤマは、前走のデイリー杯2歳Sで後方待機から直線で一気のゴボウ抜きを演じた点を評価しました。そして、穴馬として注目は、オースミエルスト。過去3戦で連対を外していない上に、前走の京都2歳Sではアドマイヤドンの2着と好走した割には、あまり人気がないのが気に入りました。ということで、オースミエルストからアドマイヤドンとシベリアンメドウへワイドで500円ずつ。

結果は、大方の予想通りアドマイヤドンが強さを見せつけました。今までのような圧倒的な勝利ではなかったものの、この馬は今後とも注目が必要なようです。2着にはヤマノブリザードが入ったことで、なんとか馬券の方は押さえることができましたが、思ったよりもオッズが下がって、元を取ることができませんでした。密かに期待していたオースミエルストは、見せ場もなく馬群に沈んでしまったのが残念です。
元が取れなかったにもかかわらず、通算回収率が向上したのは、なんとも情けない気分です。

これでいよいよ、今年のG1レースは残すところ有馬記念だけとなりました。最終レースで今年の通算回収率が100%超えることができるでしょうか。
私の応援するテイエムオペラオーにとっては引退レースとなることになりました。永遠のライバル、メイショウドトウにとってもラストゲームですが、次世代を担う期待のジャングルポケットやクロフネはレースを回避するようで、寂しいメンバー構成です。いずれにしても、今年のベストレースを期待しましょう。
では、1週空けた12月23日の天皇誕生日に、有馬記念でお会いしましょう。

1着 アドマイヤドン 2着 ヤマノブリザード 3着 スターエルドラード
投資金額 4,000円         通算投資金額 79,900円
回収金額 3,800円   回収率 95.0%   通算回収金額 61,400円   通算回収率 76.8%

 

2001.12.02  阪神ジュベナイルフィリーズ

さて今週は、2歳牝馬の女王決定戦、阪神ジュベナイルフィリーズです。

昨年までは、阪神3歳牝馬ステークスという名称だったこのレースも、今年からの年齢呼称変更によってレース名も変更になりました。ジュベナイルとフィリーズと、どちらかが2歳でどちらかが牝馬という意味だったと思います。
人気になっているのは、筆頭はこれまで4戦負けなしのキタサンヒボタン。そして2連勝のオーズミコスモ。さらに、札幌2歳Sで牡馬相手に2着に入ったマイネヴィータ、前走ファンタジーSでキタサンヒボタンの2着になったツルマルグラマーとなっていますが、この4頭はほとんど変わらぬ人気です。さらにヘルスウォール、タムロチェリー、ブライアンズイブと続いています。

私の予想ですが、2歳戦は全く見ていないので良くわかりませんが、今年の2歳はフジキセキ産駒が強いという噂を聞いて、その3頭で流すことにしました。キタサンヒボタン−ツルマルグラマー−オースミコスモの3頭でワイドのボックス買いを1,000円ずつ。本当は北島三郎は好きでないので、北島三郎が馬主のキタサンヒボタンは買いたくなかったのですが、あの実績では外すことができませんでした。さらに、記念日の数字を頼りに、ブライアンズイブからキタサンヒボタンとマイネヴィータ、チャペルコンサートからキタサンヒボタンへ、それぞれ500円ずつ。

結果は、買い物に行っていて生で映像を見ることができませんでした。帰ってからスポーツニュースで見たのですが、最終の直線は横一線で激しい叩き合いの末、見事にペリエ騎手騎乗のタムロチェリーが制しました。驚くことに、これでペリエは3週連続のG1レース制覇です。まさか3週連続はないと思って、タムロチェリーを外したのが失敗だったようです。2着には人気薄のアローキャリーが入り、馬連では25,350円という万馬券が飛び出しました。4連勝中で人気のキタサンヒボタンは4着に敗れて、またしても見事な完敗となってしまったのです。

これでいよいよ、今年のG1レースは残すところ来週の朝日杯ヒューチュリティステークスと、年末のオオトリである有馬記念を残すのみとなりました。今年の通算回収率を100%超えにするためには、来週は是が非でもGETしなければならない状況になってきました。
では、来週の2歳牡馬王者決定戦、朝日杯ヒューチュリティステークスでお会いしましょう。

1着 タムロチェリー 2着 アローキャリー 3着 オースミコスモ
投資金額 4,500円         通算投資金額 75,900円
回収金額 0円   回収率 0%   通算回収金額 57,600円   通算回収率 75.9%

 

2001.11.25  ジャパンカップ

さて今日は、昨日のジャパンカップダートに引き続き、日本で行われる唯一の国際G1レースであるジャパンカップです。

参戦していれば海外勢の大将格であったファンタスティックライトが突然引退して欠場となったために、海外勢はなかなかの顔ぶれが揃ったものの、日本勢が人気となっているようです。
前日オッズでは、意外なことにステイゴールドが1番人気となっています。根強い人気と武豊が騎乗することが原因でしょうか。そして、押しも押されぬ日本勢の代表となった、昨年の覇者テイエムオペラオー、3歳ながら今年のダービー馬であるジャングルポケット、テイエムオペラオーに続き昨年の2着馬メイショウドトウ、復活の兆しが見えるナリタトップロードと、人気上位は日本馬が占めています。

私の予想は、やはり軸はこの馬しかないでしょう、テイエムオペラオーから流します。定番中の定番、メイショウドトウを対抗にした後は、ついつい応援したくなってしまうステイゴールド、そして、遊びに来ていた姪っ子が選んだパオリニに、それぞれ1,000円ずつワイドで。記念日にちなんでインディジェナスへ500円。そして、来たらおもしろいと選んだ、ステイゴールド−ナリタトップロードをワイドで500円。さらに記念日買いで9−14を馬連で200円。

結果はというと、やはり日本勢が強かった。貫禄のテイエムオペラオーが先頭に立って、決まったかと思った瞬間に弱冠3歳のジャングルポケットがオペラオーをかわして見事優勝しました。3歳馬(旧4歳馬)がこのレースに勝ったのは、初めてでした。さらに、テイエムオペラオー、ナリタトップロード、ステイゴールド、メイショウドトウと上位5着までを日本馬が独占しました。
まさか3歳馬では上位は無理と思って、ジャングルポケットを外したのは裏目にでてしまいました。通算回収率も、またしても80%まで落としてしまったので、残り1ヶ月でなんとか100%超えまで持っていきたいと思います。

それにしても、負けたといえテイエムオペラオーはすごかった。G1レースでは、7連勝のあと3連敗ながら、負けたレースも全て2着に入る強さを見せています。残す有馬記念で引退となりますが、なんとか有馬記念を勝って、史上最高のG1レース8勝の新記録を打ち立てて欲しいものです。

さて来週からは、2歳戦が2週続きます。2歳戦は荒れる要素が多いですが、どんなレースになるのでしょうか。

1着 ジャングルポケット 2着 テイエムオペラオー 3着 ナリタトップロード
投資金額 4,200円         通算投資金額 71,400円
回収金額 0円   回収率 0%   通算回収金額 57,600円   通算回収率 80.7%

 

2001.11.24  ジャパンカップダート

さて今週は、土曜、日曜と連日でG1レースのあるジャパンカップウィークです。まずは今年で2回目の開催となるジャパンカップダートが行われます。

フェブラリーステークスに引き続き、今年2度目となるダートのG1戦。昨年のこのレースは、国際レースにもかかわらず、初開催ということもあり海外からやってきたのは一線級とは言えないメンバーでした。しかし今年は、実績、勢いともに一流で、現在のダートでは世界最強と言われるリドパレスがアメリカからの参戦を決定しました。迎え撃つ日本勢はというと、先の天皇賞(秋)で除外の目に会ってしまった後に、とてつもないレコード記録を樹立して波に乗るクロフネ。前走ではダートでも通用するところを見せてくれました。
人気オッズを見てみると、このクロフネが圧倒的な人気ですが、続いてリドパレス、そして春のフェブラリーステークスで2着に入ったダート巧者のウイングアロー、このところ絶好調のミラクルオペラと続いています。

私の買い目はというと、ダートは良くわからないのと、土曜日開催で検討している時間がなかったのとで、安直な予想となってしまいました。とにかく前評判の高い日米両代表の2頭で勝負することにしました。クロフネ−リドパレスでワイド2,000円。さらに枠でもオッズがそこそこ良いことに注目して、枠で5-7を1,000円。堅く収まるとの予想で、ここまでにすることにしました。

そして、結果の方はというと、なんとクロフネがぶっち切りのレコード勝ち。恐れ入りました。なんとも強いところを見せてくれました。そして上位は日本勢が独占して、ウイングアロー、ミラクルオペラと入線しました。期待のリドパレスは馬群に沈み、哀れ8着という期待はずれの結果に終わりました。残念な結果でしたが、良くわからないために本命を買って来なかったのでは、しょうがありません。通算回収率を少し下げてしまいましたが、明日のジャパンカップに期待します。

明日はジャパンカップ。海外からの刺客に対して、テイエムオペラオーをはじめとする日本勢がどこまで頑張ってくれるでしょうか。では、また明日。

1着 クロフネ 2着 ウィングアロー 3着 ミラクルオペラ
投資金額 3,000円         通算投資金額 67,200円
回収金額 0円   回収率 0%   通算回収金額 57,600円   通算回収率 85.7%

 

2001.11.18  マイルチャンピオンシップ

さて今週は、マイル王決定戦の、マイルチャンピオンシップです。

春のマイル王、安田記念を制したブラックホークは引退してしまい、昨年のこのレースを制したアグネスデジタルは天皇賞(秋)で見事に栄冠を勝ち取り、このレースには出走しないため、本命不在の大混戦となっています。
そんな中でも、昨年のこのレースでわずかにアグネスデジタルの後塵を拝した、ダイタクリーヴァが一番人気に指示されています。それに続くのは、前走の毎日王冠で力強い走りを見せて制したエイシンプレストン、既に今年は短距離のG1タイトルを2つも取っているトロットスターといったところです。さらに、スプリンターズSでは良いところなく敗れたゼンノエルシド、3歳馬での挑戦で皐月賞、ダービーと2着に入っているダンツフレーム、スワンSの覇者ビハインドザマスク、このところ好調のクリスザブレイヴといったところが続いています。

そこで私の買い目ですが、うーん難しい。今回ばかりはよくわかりません。(と言いながら、いつもよくわかっていないのですが・・・) 軸にする馬がひらめきません。
しかし、そうも言っていられないので、無理やりに軸馬を決めました。エイシンプレストン。これといった決め手はないのですが、ひらめきで軸馬に決定。そして、対抗にはゼンノエルシド、ダイタクリーヴァの2頭を指名。この3頭でボックス買いを1,000円、ワイドで。そして、3歳のダンツフレームにもがんばって欲しいとの願いを込めて、ダンツからエイシンプレストンとダイタクリーヴァへワイドで500円づつ。

結果の方はというと、見事ゼンノエルシドがペリエの巧みな騎乗で勝利しました。そして2着にはエイシンプレストンが入り、2週連続でのGETとなりました。ちょっとヒヤっとしましたが、無事に取れた時は気分のいいものです。これで目標の通算回収率100%超えまで、あと一歩となりました。今年こそは100%を越えた状態で終えることができるのでしょうか。

さて来週は、土曜日、日曜日と連続でG1レースが行われる、ジャパンカップウィークです。外国からは一体どんな馬が来るのか、全くチェックしていませんが、迎え撃つテイエムオペラオー、メイショウドトウといった馬の活躍を期待しています。では、また来週。

1着 ゼンノエルシド 2着 エイシンプレストン 3着 タイキトレジャー
投資金額 4,000円         通算投資金額 64,200円
回収金額 11,100円   回収率 277.5%   通算回収金額 57,600円   通算回収率 89.7%

 

2001.11.11  エリザベス女王杯

さて今週からは、いよいよ転居先の名古屋からお送りします。今週は牝馬の祭典、エリザベス女王杯です。

かつては3歳(旧4歳)牝馬の秋の女王決定戦だったこのレースも、5年前から古馬混合戦となって、本当の意味での女王決定戦となっています。過去5年はいずれも古馬が制しており、3歳牝馬にとっては古馬の厚い壁を突き破れないでいます。ところが今年は、少し雰囲気が違っていて、3歳が非常に強いと言われており、3強(テイエムオーシャン、ローズバド、レディパステル)が参戦してきました。果たして、初の3歳馬によるチャンプが誕生するのでしょうか。

人気の方は、上記の3歳馬の3強トリオ、テイエムオーシャン、ローズバド、レディパステルが上位に名を連ねています。中でも既にG1を3勝しているテイエムオーシャンには、かなりの期待が集まっている様です。迎え撃つ古馬の方はというと、昨年のこのレースで4着のあと、今年3月のドバイG1で2着に入り世界級の実力を見せつけたトゥザヴィクトリー、昨年の秋華賞を制して以来パッとしなかったものの、ここに来て調子を上げているティコティコタック、このところの好調を持続しているスプリングチケットなどが続いています。
トゥザヴィクトリーは実力のほどはピカ一ですが、ドバイG1以来の8ヶ月休み空けの実戦というのが取捨の判断が難しいところです。

私の買い目は、最強と言われる3歳馬から2頭、テイエムオーシャン、ローズバド、そして、やはりこの馬は捨てられないトゥザヴィクトリーの3頭を指名します。この3頭でボックス買いをワイドで1,000円。そして、菊花賞の展開の様に実力馬が牽制しあった場合を想定して、先行馬の前残りもあり得るということで、ヤマカツスズランからテイエムオーシャンとトゥザヴィクトリーに、それぞれ500円、ワイドで。
2週連続で外しているので、今週は取りたいところです。

結果の方は、ゴール前での大混戦の末、トゥザヴィクトリーが見事に世界の銀メダリスト凱旋勝利となりました。またしても3歳馬は勝利を飾ることが出来ませんでしたが、ローズバドが僅差の2着に入り、面目躍如といった結果です。3着にはティコティコタックが入り、昨年の秋華賞制覇がフロックでないところを見せてくれました。期待のテイエムオーシャンは5着に沈みましたが、まだまだ実力はこんなもんじゃないと信じています。
馬券の方は、ワイドながら久しぶりにGETして、通算回収率100%への足がかりとなりました。この調子で、早く目標を達成したいところです。

さて来週は、マイル王決定戦のマイルチャンピオンシップです。混戦ムードですが、連続GETといきたいもんですね。

1着 トゥザヴィクトリー 2着 ローズバド 3着 ティコティコタック
投資金額 4,000円         通算投資金額 60,200円
回収金額 8,300円   回収率 207.5%   通算回収金額 46,500円   通算回収率 77.2%

 

2001.10.28  天皇賞(秋)

さて今週は、いよいよ古馬の登場、秋の天皇賞です。
私は明日に引越しを控えて、バタバタと大変なことになっています。またしても、申し訳ありませんが簡単なコメントのみにさせて頂きます。

注目馬は、なんといってもテイエムオペラオー。もうこの馬には多くを語る必要はないでしょう。そして、宝塚記念でついにオペラオーを負かすことができたメイショウドトウ。この2頭の戦いは、後世も語り継がれることでしょう。そして前走でオペラオーを負かしておきながら、結果的には斜行により失格になってしまったステイゴールド。絶好調の様ですし、大舞台には昔から強い一面を持っています。この3強以外は穴狙いといった雰囲気です。

私の買い目は、やはり3強の実力は抜きん出ていると判断して、テイエムオペラオー−メイショウドトウ−ステイゴールドをボックスで1,000円。オペラオー−ドトウはオッズが低いのでさらに1,000円追加しました。堅い狙いで面白くないのですが、穴馬を研究している時間がないので、順当な買い方になってしまいました。さすがにワイドでは元が取れそうにないので、今回ばかりは全て馬連にしました。

結果の方は、最終コーナーまで3強の先行による様子伺いのレースになりました。テイエムオペラオーがメイショウドトウを捉えて前に出たところで勝負はついたかと思った瞬間、大外からアグネスデジタルが直線一気の伸びでテイエムオペラオーを捉えて差し切りました。重馬場のレースだったので、馬場のよい大外を選択した四位騎手の判断が冴えたといったところでしょうか。体を合わされるとそこからが強いオペラオーを考慮してのことだったのでしょうか。いずれにしても、長い天皇賞の歴史の中で初の外国産馬による制覇だそうです。
2週続けて、堅く狙って外してしまいました。またしても通算回収率100%超えが遠のいてしまったので、次回から頑張ります。テイエムオペラオーには、もう1度タイトルを取ってから引退してもらいたいので、ジャパンカップ、有馬記念でも応援していきます。

さて次回は、1週開けた11/11に牝馬の祭典、エリザベス女王杯でお会いしましょう。次回はいよいよ名古屋からお送りします。

1着 アグネスデジタル 2着 テイエムオペラオー 3着 メイショウドトウ
投資金額 4,000円         通算投資金額 56,200円
回収金額 0円   回収率 0%   通算回収金額 38,200円   通算回収率 68.0%

 

2001.10.21  菊花賞

さて今週は、3歳クラッシック戦の最後に残る菊花賞です。
私事ですが、近々転居しなければならなくなったため、バタバタしておりまして、ホームページの更新がおろそかになっています。という訳で、申し訳ありませんが簡単なコメントのみにさせて頂きます。

注目馬は、春の実績馬からはダービーの1・2着馬で、ジャングルポケット、ダンツフレーム。夏の上り馬エアエミネム、2歳時に将来の3冠馬とまで言われたものの骨折から久しぶりの前走も凡走してしまったアグネスゴールド。そして夏に実力をつけてきた、サンライズペガサス、マンハッタンカフェといった順に、人気の方は続いています。

私の買い目は、やはり3強の実力は抜きん出ていると判断して、ジャングルポケット−ダンツフレーム−エアエミネムをボックスで1,000円。期待を込めてアグネスゴールドからダンツフレームとジャングルポケットへ500円。あとは記念日買いで4-11を200円。

結果は、意外にも3強がお互いに意識しあって超スローペースとなったため、人気のなかったマイネルデスポットが先行したまま前残りで2着に入り、ゴール前でマイネルデスポットを捕らえたマンハッタンカフェが見事差し切りました。3強は、スパート時期が遅れ3着から5着と意外な結果に終わりました。
人気薄のマイネルデスポットが2着に入ったため、なんと馬連46,210円と万馬券が飛び出し、私の予想もぶっ飛びました。久々の惨敗です。

来週は、天皇賞(秋)ですが、またしてもテイエムオペラオーとメイショウドトウの戦いになるのでしょうか。

1着 マンハッタンカフェ 2着 マイネルデスポット 3着 エアエミネム
投資金額 4,200円         通算投資金額 52,200円
回収金額 0円   回収率 0%   通算回収金額 38,200円   通算回収率 73.2%

 

2001.10.14  秋華賞

さて今週は、3歳牝馬による3冠のうち最後に残る秋華賞です。今までの2つは桜花賞はテイエムオーシャン、オークスはレディパスカルが制していますが、この2頭のどちらかが2冠目を制するのか、それとも3頭目の女王が誕生するのか、楽しみなレースです。秋華賞が新設されてから過去5年の歴史で、なんと万馬券決着が4度、ここ2年は9万馬券、3万馬券となっていて、とにかく荒れまくっている印象です。やはり人間の社会と同様、女性の行動を読むのは難しいということでしょうか。

過去のレースが荒れている原因は、なんといっても春に結果を出した実力馬が活躍できなかったことですが、今年はどうも春の実力馬が元気な様子です。人気のほうも春の実力馬が中心になっていて、圧倒的人気は阪神3歳(昨年までの表記)牝馬Sと桜花賞を制してオークスも3着だったテイエムオーシャン、オークス以来のぶっつけ本番ですが、調子は良いようです。その他の春に実績を創った人気馬は、オークスとトライアルレースのローズSで2着に入ったローズバド、オークスと前走の紫苑Sを制したレディパスカル、桜花賞3着のダイワルージュ、桜花賞2着のムーンライトタンゴといったところで、その後には夏以降に力をつけてきた上り馬で、ドリームカムカム、ノブレスオブリッジといったところが続いています。

そこで私の予想ですが、注目したのはローズバド。オークスで大本命のテイエムオーシャンを捉え、あと一歩でレディパスカルに届かなかったとはいえ、その末脚は見事で、前走のローズSでも瞬発力は健在でした。この馬を軸馬に決定。この馬が勝って、3冠を3強で分け合う形で丸く収まるといいと思います。対抗には、久々のぶっつけ本番が気になりますが、やはり実力一番と目されるテイエムオーシャンとします。そして押さえには、オークス馬のレディパステルと上り馬のドリームカムカムで勝負です。
それぞれワイドで、ローズバド−テイエムオーシャンを2,000円、ローズバドからレディパステル、ドリームカムカムをそれぞれ1,000円にしました。

結果の方は,、大方の予想通り例年になく堅く収まりました。テイエムオーシャンが貫禄の逃げきりで、桜花賞に続く2冠目を制しました。後方からの追い込み届かず、期待のローズバドは2着まででした。3着にはオークス馬のレディパスカルが入り、上位3頭は人気通りで、他の馬が入り込む隙間がなかったようです。やはりテイエムオーシャンは強かったという印象です。
ドリームカムカムは、スタート前に入れ込んで馬群に沈みましたが、ほぼ予想通りの馬券が取れて満足です。人気通りだったために、オッズの方はあまりつきませんでしたが、スプリンターズSに続いてGETできたので、良しとします。通算の回収率も80%近くまで回復したので、早く100%超えに持っていきたいと思っております。この秋は2連勝と好調ですので、このままの調子で最終の有馬記念まで行けたら幸せです。

来週は、3歳牡馬による3冠最後の長距離戦、菊花賞です。まだ、どんな馬が出てくるのかチェックしていないので展望が読めませんが、この調子で連続GETと行きたいもんです。

1着 テイエムオーシャン 2着 ローズバド 3着 レディパスカル
投資金額 4,000円         通算投資金額 48,000円
回収金額 8,400円   回収率 210.0%   通算回収金額 38,200円   通算回収率 79.6%

 

2001.09.30  スプリンターズステークス

さて、いよいよ2001年のG1後半戦がスタートしました。このスプリンターステークスから年末の有馬記念まで、毎週のように11戦が行われます。前半戦の成績は下記に示したとおり、回収率61.8%と決して誇れるものではなかったので、後半戦は前半戦の分もとり返す勢いで頑張っていきたいと思いますので、ご声援をよろしくお願い致します。

後半戦の初戦は短距離王の決定戦スプリンターズステークスですが、2年前までは12月に行われていたこのレースは、JRAの番組変更により昨年からこの時期の開催へと変更されました。昨年はあまり人気のなかったダイタクヤマトが前残りのまま圧倒的人気のアグネスワールド破り、あっと驚く万馬券が飛び出しています。雨のレースとなりそうな今年のレースですが、今年も荒れるのか、堅く収まるのか、どんなレースになるでしょう。

はっきり言って、このところ公私ともバタバタしていて、あまり競馬を注目していなかったために、このレースに向けての情報をあまり持ち合わせていませんので、このレースの予想は直感に頼るところが大きいものとなってしまいました。出場頭数の少ないレースですが、見なれぬ名前の馬が多くいて、自信は余りありません。

私の注目した馬は、昨年の覇者でありこのところさらに調子を上げているという噂のダイタクヤマト、休み明けのぶっつけ本番ながら実力は持ち合わせているトロットスター、去年と同じ展開ならば前残りの期待ができるテネシーガール、の3頭です。
この3頭をワイドでボックス買いすることにしました。それぞれ1,000円づつ。ところが、トロットスター−テネシーガールは私の誕生日と一致する4-11なので、スケベ心のオッズ期待でワイド500円と馬連500円に変更しました。さらに押さえで、よく解からないまま一番人気のゼンノエルシド−ダイタクヤマトのワイドも1,000円追加しておきました。悲しいかな、よく解からないままで買った時の方が勝率が良かったりするので、意外と期待しています。

結果は、激しい直線での勝負の末、トロットスターがサクラバクシンオーの持っていた記録を破るレコードで優勝しました。トロットスターはこれで春の高松宮記念に続き、短距離戦を両方とも制覇しました。やはり休み明けでも、その実力をきっちり発揮したと言ったところでしょう。2着争いは写真判定のきわどい勝負になりましたが、先行したメジロダーリングが前残りした形です。
馬券の方はというと、ワイドでなんとか押さえることができました。過去の記録を見ると、春の高松宮記念でもトロットスター−ダイタクヤマトで買っていたんですね。期待していたテネシーガールは、ハナをとると思っていたんですが、メジロダーリングにハナをとられて馬群に沈んでしまいました。ハナをとったメジロダーリングが、前残りで2着に入ったことを考えると残念です。しかし、結果的に秋の初戦が取れて、ひとまず満足といったところです。この調子で後半戦も順調にいけると良いのですが・・・

さて、次回は1週空けて10/14に、3歳牝馬の戦い秋華賞でお会いしましょう。

1着 トロットスター 2着 メジロダーリング 3着 ダイタクヤマト
投資金額 4,000円         通算投資金額 44,000円
回収金額 5,100円   回収率 127.5%   通算回収金額 29,800円   通算回収率 67.7%

 

2001 前半戦を終えての中間成績

通算投資金額 40,000円   通算回収金額 24,700円   通算回収率 61.8%